/

この記事は会員限定です

高橋悠治のピアノ くぼたのぞみ

[有料会員限定]

青春時代とは、どうにも青臭くて、暗くて、みっともない時期だ。でも、あのころ出会ってから半世紀近く聴きつづけている音楽がある。グレン・グールドと高橋悠治だ。

完璧主義者のグールドは、あるときからコンサートを一切やめて、スタジオ録音によるアルバム作りしかしなくなった。神に捧(ささ)げるような感じで弾くバッハには唸(うな)り声が入っていたりするが、フランス組曲にはそれがない。

第1番よりもちょっと華やか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1151文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン