新材料開発、脱「経験と勘」 AIで自動化

2018/10/13 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)を駆使し、研究者の経験と勘に頼る材料開発を変える成果が相次いでいる。東京工業大学はロボットとAIが協調して実験を繰り返し、新材料を見つけるシステムを試作。理化学研究所などは分子構造から狙った性質の材料を探す。AIの学習に必要なデータが足りなくても対応でき、10年近い期間が必要とされる材料開発を10分の1に短縮することも可能という。

従来は研究者が実験を繰り返し、新たな性質の材料を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]