2018年10月16日(火)

10/16 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 東証大引け 大幅反落、2カ月ぶり安値 為替条項警戒で輸出関連が下押し
  2. 2位: 消費増税、「キャッシュレス決済」銘柄に市場が注目[有料会員限定]
  3. 3位: ムニューシン発言が揺さぶる日本株、業績上振れ期待に暗雲[有料会員限定]
  4. 4位: 外為17時 円、反発 一時1カ月ぶり高値 対ユーロでも反発
  5. 5位: マネフォ、最終赤字5億円 人件費増
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,305,339億円
  • 東証2部 88,732億円
  • ジャスダック 99,226億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.26倍 --
株価収益率13.99倍14.21倍
株式益回り7.14%7.03%
配当利回り1.74% 1.80%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,271.30 -423.36
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,190 -460

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

岡崎良介の点と線[映像あり]

10月15日(月)14:18

官房長官 フェイスブックの情報流出「日本人も可能性」[映像あり]

経産省が小規模太陽光の規制強化 FIT認定取り消しも

10月15日(月)13:03

[PR]

スクランブル

フォローする

強気になりきれぬ個人 尾を引くマザーズの低迷
証券部 関口慶太

2018/10/12 18:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

個人投資家が「落ちるナイフをつかめ」と相場急落時に買い向かう様子は、日本株市場の見慣れた風景。だが何を買ってもいずれ上昇した2017年に比べ18年はその勢いが鈍い。信用取引に得意の「逆張り投資」を貫けなくなってきた個人の姿が浮かび上がる。

日経平均株価が一時1000円超下げた相場波乱から一夜明けた12日の東京株式市場。個人の投資家心理を占う新規株式公開(IPO)案件として、創薬ベンチャーのDel…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

相場と投資を読み解く

12日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

電子版トップマーケットトップ

スクランブル 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム