/

この記事は会員限定です

JAXAが挑む超音速旅客機、騒音はドアノック並み

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が宇宙事業の陰で旅客機の開発を進めている。目指すのは都市部の上空を飛んでも問題がない低騒音の超音速機。超音速機は米国を中心に開発機運が高まるが、2030年代に日本発の機体がアジアの空を飛ぶかもしれない。

1997年から研究

「ドッ…」。スピーカーで囲んだ小部屋で、小さな太鼓が遠くで一度だけ鳴ったような音が聞こえた。超音速機が生む爆音「ソニックブーム」を疑似体験できる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3371文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン