/

この記事は会員限定です

少ない女性研究者、男性にも原因 室伏きみ子氏

お茶の水女子大学長

[有料会員限定]

日本は女性研究者の割合が約15%にすぎない。米国や英国の半分以下の比率で、それ以外の先進国と比べても小さい。社会の持続的な成長を実現するには、女性を含む多様な力が必要だ。あらゆる分野で女性の活躍を後押しする動きが活発になっているのに、研究者はなかなか増えない。

理由の1つは、男性の意識が変わっていないことだ。女性が何に困っているのか、研究を続けられない原因は何かということに気付かない。親や教員に子...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り935文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン