2018年12月19日(水)

日本製粉と昭和産業も業務用小麦粉値上げ

サービス・食品
2018/10/12 15:35
保存
共有
印刷
その他

日本製粉昭和産業は12日、12月20日出荷分から業務用小麦粉を値上げすると発表した。政府が輸入小麦の売り渡し価格を、10月から平均2.2%引き上げたことに対応する。業務用小麦粉の価格改定は家庭用小麦粉の価格にも影響するため、家庭用小麦粉の値上げにつながる可能性もある。

日本製粉はパンなどに使う「強力系」が25キログラムあたり25円、うどんや菓子などに使う「中力系・薄力系」が同135円、「国内産小麦100%」が同200円それぞれ値上げする。昭和産業は「強力粉・準強力粉」が同25円、「中力粉・薄力粉」が同130円、「内麦100%粉」が同200円の値上げとする。すでに日清製粉も12月20日出荷分からの業務用小麦粉の値上げを決めている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報