iPS医薬の豪企業、富士フイルムとライセンス契約 19年度に日米で治験

2018/10/12 15:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

iPS細胞由来の医薬品を開発するオーストラリアのサイナータ・セラピューティクスは、2019年度中に日米で第2段階の治験を始める。ロス・マクドナルド最高経営責任者(CEO)が12日、日本経済新聞社などの取材に対し明らかにした。今後の治験は富士フイルムホールディングス(HD)に移管する考えで、18年度中にライセンス契約を結ぶという。

サイナータはiPS細胞由来の医薬品開発で業界内で先行する。健康な第…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]