/

この記事は会員限定です

平成の天皇と皇后 香淳皇后の在りし日を思う

30年の歩み(25) 平成11~20年

[有料会員限定]

「陛下が、駆け寄られるように皇太后様のおそばにお寄りになって、じっとその御最期をお見守りになり、そのお後で皇后様が、丁寧にお掛け布団などをお直しになりながら、『ご立派でいらっしゃいましたよ。』とささやくようにおっしゃったその時に、周りの人々の悲しみがふっとあふれるように感じられました」

2000(平成12)年6月16日午後4時46分、香淳皇后は皇居・吹上大宮御所で息を引き取った。そのときを天皇家の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1043文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン