モトローラ、薄型スマホ発売 全キャリアに対応

2018/10/12 14:30
保存
共有
印刷
その他

レノボ・グループ傘下のモトローラ・モビリティ・ジャパンは12日、SIMフリーのスマートフォン(スマホ)「moto z3 play(モトゼットスリープレイ)」を13日に発売すると発表した。6.01型の有機ELパネルを搭載しながら、厚さを6.75ミリに抑えた。家電量販店や格安スマホ会社、直販サイトを通して販売する。

モトゼットスリープレイは6.01型の有機ELパネルを搭載する

別売りの拡張モジュールを本体に差し込んで機能を追加できる。動画観賞用のプロジェクターや小型プリンター、望遠レンズといった様々なモジュールがある。背面に1200万画素と500万画素の2つのカメラを備え、画像編集機能も強化した。認証方法は指紋と顔の両方に対応した。

同シリーズとして初めてKDDI(au)を含む国内の全キャリアの通信網に対応した。2回線で待ち受けできるDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)機能も備える。直販サイトの販売価格は5万6800円(税抜き)。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]