/

聖教新聞社サイト改ざん、2481人分のカード番号窃取

日経クロステック

聖教新聞社とトランスコスモスは、トランスコスモスが運営を受託している聖教新聞社の通販サイト「SOKAオンラインストア」が不正アクセスを受け、個人情報を不正に取得されたと2018年10月10日までに発表した。不正取得された可能性があるのは、2481人分のクレジットカード番号・セキュリティコードなどと、約18万人分の氏名・住所・生年月日・電話番号など。

トランスコスモスが発表した調査結果(出所:トランスコスモス)

トランスコスモスの説明によれば、18年8月24日にカード決済会社から聖教新聞社に対して「カード情報が不正に取得されている可能性がある」との連絡があり、サイトを停止した。その後の調査で、7月30日にトランスコスモスが運用するサーバーに不正ファイルを混入され、プログラムが改ざんされていたことが分かった。

改ざんされていた7月30日から8月24日にかけて、顧客がカード情報を入力しようとすると、偽のカード決済画面に遷移するようになっていた。ここに入力したカード情報を第三者に窃取された可能性があるという。カード情報を入力しても決済自体はエラーになって本来のサイトに戻るようになっており、顧客が偽画面に気付きにくかったという。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 清嶋直樹)

[日経 xTECH 2018年10月11日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン