2018年12月14日(金)

自画撮り要求容疑、不起訴 初摘発の男性、東京地検

2018/10/12 7:42
保存
共有
印刷
その他

東京地検は11日、18歳未満の少女に自身の下着姿などを撮影した「自画撮り」画像を要求したとして、東京都青少年健全育成条例違反の疑いで書類送検された東京都世田谷区の男性(33)を不起訴処分とした。理由は明らかにしていない。自画撮りさせた画像の要求行為を禁止する改正都条例は2月に施行され、摘発は男性が初めてだった。

男性は2月、会員制交流サイト(SNS)を利用して、少女が18歳未満であると知りながら、「お金いっぱいあげるから送ってよ」などのメッセージを送り、少女の下着姿などの画像を要求した疑いがあるとして、5月に書類送検された。男性は「欲望に負けて要求してしまった」と容疑を認めていた。

改正都条例は、18歳未満の子どもに金銭の支払いを約束するなどして画像を要求する行為に対し、30万円以下の罰金を科すとしている。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報