2018年10月16日(火)

「新台所」豊洲の一歩 初日にぎわい安堵

さよなら築地市場
サービス・食品
東京
社会
2018/10/12 0:48
保存
共有
印刷
その他

豊洲市場(東京・江東)が11日、開場した。周辺道路で渋滞が発生したが、取引に大きな混乱はなかった。初日のセリはご祝儀相場に沸き、市場関係者は変わらぬ活気に安心した表情を見せた。旧築地市場(同・中央)のにぎわいを引き継いだ「首都圏の台所」として船出した。

豊洲市場の水産仲卸売り場を行き交う小型運搬車「ターレ」(11日、東京都江東区)

豊洲市場の水産仲卸売り場を行き交う小型運搬車「ターレ」(11日、東京都江東区)

午前5時10分、水産卸売り場棟2階の「マグロせり室」に関係者が集合。仲卸の東京築地魚市場大物業会の横田繁夫会長が「豊洲市場の一ページ目が始まった。思いを集結し、豊洲ブランドの基礎となるよう努力する」と力を込めた。

小池百合子知事はセリに先立ち、「豊洲ブランドを一日一日積み重ねたい」と呼び掛けた。

マグロの初セリは午前5時半に始まった。セリを知らせる鐘と威勢のよい掛け声が響き、正月などに登場する「祝初荷」と書かれた色鮮やかな小旗も登場。長靴姿の関係者が笑顔で談笑したり、記念撮影したりする姿もみられた。

セリでは青森県・三厩産の214キログラムが428万円の値を付けた。マグロの取引量は生・冷凍合わせて1733本で、旧築地市場の6日のセリの2倍に膨らんだ。

北海道・浜中産の生ウニは1箱約20万円で取引された。東京都に記録が残るなかでは最高値となるなど、水産仲卸売り場棟は活況を呈した。「威勢よく仕事をしたいね」と話す鮮魚仲卸の男性は、水産物を積んだ小型運搬車「ターレ」に乗り、上層階で待つトラックに運ぶためスロープに向かった。

水産仲卸売り場とは別の建物に入る青果棟も買参人で活気づいた。卸売業者の東京シティ青果の鈴木敏行社長が関係者を前に「身の引き締まる思いでいっぱい。きょうを迎えたことは感無量だ」とあいさつ。小池知事とともに笑顔で青森産のリンゴを試食した。

市場業界のトップである豊洲市場協会の伊藤裕康会長は取引が落ち着いた午前9時半ごろ、記者団に「思った以上に順調だった。ほぼ計画通りでまずホッとしている」と語った。

一方、高揚感とは裏腹に、新市場に戸惑う業者の様子もみられた。目立ったのは交通混雑だ。「晴海通りは大変混雑しています」。場内では早朝から、こんなアナウンスが繰り返された。市場に面する都道は混雑が続き、周辺の首都高速道路も渋滞。「産地は時間の余裕を持って輸送しているだろうが、それでも遅れている」(水産仲卸の大芳の宇田川浩社長)

今後の課題は「豊洲ブランド」の確立だ。市場を受け入れた江東区の幹部は「市場として成功するかは、業者の頑張りにかかっている」と述べた。首都圏で鮮魚店を展開する魚力の山田雅之社長は「市場の業務のリズムの速まりに対応したい」と意気込んだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報