2018年12月11日(火)

その他スポーツ

アジアパラ 競泳鈴木が優勝 世界記録に迫る

2018/10/11 23:24
保存
共有
印刷
その他

スタートする鈴木(11日、ジャカルタ)=共同

スタートする鈴木(11日、ジャカルタ)=共同

ジャカルタ・アジアパラ大会第6日は11日、競泳男子50メートル自由形(運動機能障害S1~4)で鈴木孝幸(GOLDWIN)が37秒76で優勝した。世界記録(37秒54)に0秒22と迫る大幅な自己ベスト更新に、ゴールして左手を何度も握りしめた31歳は「非常にうれしい」と笑顔を弾ませた。

午前中の予選の映像を分析。ピッチは遅くしたものの、水をしっかりキャッチする泳ぎを意識し後半ペースを上げた。両足欠損で下半身が沈んでしまうところを体幹トレーニングの成果で水中姿勢を高く保ち、「重力より手の推進力が大きい」理想の泳ぎに近づいた。

国際パラリンピック委員会(IPC)のクラス分けが厳格になり、5月に自由形のクラスがS5からS4へと、より重い障害に変更となった。必然、目標とする各種記録も手の届くところに。鈴木は「最初はびっくり。少ししてからひょっとしたら自由形でもメダルを狙えるとわかった」。

2016年リオデジャネイロ・パラリンピックで表彰台確実とされながら、手ぶらで帰った鈴木への天からの贈り物か。自由形のトレーニングに力を入れ、タッチのタイミング、スタートからの浮き上がりなど細かい技術の精度も高めた。

世界記録は04年アテネ・パラでメドレーリレーを組んだ花田裕治さんが現地で出したもの。パラ競泳男子50メートル自由形では最も古い。「偉大な先輩を超えられるように頑張りたい。時期は早ければ早いに越したことはない」と鈴木。2年後、東京パラでの大歓声の後押しを待たなくとも、大記録を出す自信が確実にある。(ジャカルタ=摂待卓)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

2008年の北京五輪陸上男子400メートルリレーで銅メダルを獲得した日本チーム。左から塚原直貴、末続慎吾、朝原宣治、高平慎士の各選手(国家体育場)=共同

 日本オリンピック委員会(JOC)は11日、2008年北京五輪陸上男子400メートルリレーで銅メダルを獲得した塚原直貴、末続慎吾、高平慎士、朝原宣治の4選手による日本が7日付で銀メダルに繰り上がったと …続き (19:32)

試合会場で調整する桃田賢斗(11日、広州)=共同

 【広州=共同】バドミントンのワールドツアー(WT)ファイナルは12日に中国の広州で開幕する。日本勢は11日、試合会場で調整し、3年ぶりの出場で優勝を狙う男子シングルスの世界ランキング1位、桃田賢斗( …続き (19:14)

バイキングズ戦でファンブルリターンTDを挙げるシーホークスのCBコールマン=右(10日、シアトル)=USA TODAY

 【ニューヨーク=共同】米プロフットボールNFL第14週最終日は10日、シアトルで行われ、ホームのシーホークスがバイキングズに21―7で勝って4連勝で8勝5敗とした。バイキングズは6勝6敗1分け。
 シ …続き (16:49)

ハイライト・スポーツ

[PR]