2018年10月19日(金)

ホテル違法残業疑い書類送検 「名ばかり管理職」、三重

中部
2018/10/11 21:25
保存
共有
印刷
その他

伊勢労働基準監督署は11日、権限や裁量のない「名ばかり管理職」の社員に、時間外労働に関する労使協定(三六協定)を締結せず違法残業させたとして、労働基準法違反の疑いで、鳥羽国際ホテル(三重県鳥羽市)を運営する伊勢志摩リゾートマネジメント(同県志摩市)と同社代表取締役(64)を書類送検した。

書類送検容疑は3月1~31日、社員4人を「管理監督者」として扱い、三六協定を結んでいない状態で違法に残業させた疑い。労基署によると、最長で100時間超の残業をしていたという。

関係者によると、ホテルは2015年と16年、三六協定で定めた上限を超える月100時間の残業を従業員にさせたとして、是正勧告を受けた。今年5月の調査でも違法残業が確認されるなど違反を繰り返していた。16年には管理職の男性が、過労が原因とみられる心臓疾患を発症した。

伊勢志摩リゾートマネジメントの担当者は「書類送検に至った事態を真摯に受け止め、労働環境の改善により一層努めていく」と話している。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報