2018年12月14日(金)

国産木材の需要創出、省庁に支援要請へ 全国知事会

東京
2018/10/11 22:00
保存
共有
印刷
その他

全国知事会は11日、国産木材の活用推進を目指すプロジェクトチーム(PT)の初会合を開いた。2019年度予算の編成作業を前に、木材の需要創出に取り組む自治体や民間企業への支援を強化するよう、関係省庁に要請する方針を確認した。建築物の木造化の促進などを柱とするPTとしての提言を、19年6月ごろに取りまとめる。

PTのリーダーには東京都の小池知事が就いた(東京都千代田区)

42都道府県が参加するPTのリーダーには、東京都の小池百合子知事が就任した。小池知事は「林業の経済性の向上、森林の再生・治山、地球温暖化防止、全国の共存共栄につながる」と強調した。副リーダーとなった高知県の尾崎正直知事は「大消費地の東京が主導し需要拡大をはかっていただくと、中山間地域が潤う」と述べた。

大阪府内でブロック塀が倒壊し児童が死亡した6月の事故を受け、小池知事はブロック塀を木の塀に転換することによる需要創出を主張していた。都は都立高校などへ国産木材を使った塀の設置を進めている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報