/

観客動員、史上初の203万人 ベイスターズ

横浜DeNAベイスターズの2018年シーズンの観客動員数は前年に比べ2.4%増え、過去最多の202万7922人となった。200万人を超えるのは初めて。前年の19年ぶりの日本シリーズ進出などでファンの期待が高まっていた。ビールなど球団独自の飲食品や試合中のイベントなども好評だった。

横浜スタジアムの動員率は97.4%と限界に達している

主催72試合(新潟での1試合含む)のうち、52試合でチケットが完売した。横浜スタジアムの動員率は前年を1.2ポイント上回る97.4%で限界に達している。現在、約2万9000席の横浜スタジアムを改修しており、19年シーズン前に約3500席、20年シーズン前に約2500席の計約6000席を増設する。

ベイスターズは今シーズンのレギュラーシーズンは4位で、3年連続のクライマックスシリーズ進出を逃した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン