2018年12月16日(日)

プラスチック製ストロー廃止 穴吹エンター、19年から

環境エネ・素材
中国・四国
2018/10/12 6:00
保存
共有
印刷
その他

ホテル運営などを手掛ける穴吹エンタープライズ(高松市)は、レストランで使っているプラスチック製ストローを2019年1月以降、廃止することを決めた。生分解性か紙のストローに切り替える。プラスチック廃棄物による海洋汚染が問題視され、国内外の企業が廃止に動くなか、同社もプラスチック製品の削減に取り組む。

同社は高松市内などでホテルを運営するほか、サービスエリア(SA)の運営も受託している。ホテルの宴会場やレストランなどで、年間に約4万6500本のプラスチック製ストローを使っている。これを生分解性のストローなどに順次切り替える。

プラスチック製ストローを巡っては、海に流出して海洋汚染の原因になっていると指摘されている。環境問題として関心が高まるなか、米コーヒーチェーン大手スターバックスが7月に、20年までに世界で廃止すると発表。日本でもすかいらーくホールディングスが20年までに全廃することを決め、国内外の企業が使用中止に動き出している。

各社が一斉に動き出したことで、生分解性のストローなどの調達が難しくなっているという。このため、穴吹エンタープライズがプラスチック製ストローを廃止する時期は、19年1月以降となる見通しだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報