2018年10月16日(火)

10/16 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 東証大引け 大幅反落、2カ月ぶり安値 為替条項警戒で輸出関連が下押し
  2. 2位: 消費増税、「キャッシュレス決済」銘柄に市場が注目[有料会員限定]
  3. 3位: ムニューシン発言が揺さぶる日本株、業績上振れ期待に暗雲[有料会員限定]
  4. 4位: 外為17時 円、反発 一時1カ月ぶり高値 対ユーロでも反発
  5. 5位: マネフォ、最終赤字5億円 人件費増

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,271.30 -423.36
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,190 -460

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

岡崎良介の点と線[映像あり]

10月15日(月)14:18

官房長官 フェイスブックの情報流出「日本人も可能性」[映像あり]

経産省が小規模太陽光の規制強化 FIT認定取り消しも

10月15日(月)13:03

[PR]

記者の目

フォローする

米インテル、振るわぬ株価と狭まる包囲網
証券部 丸山大介

2018/10/12 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

半導体大手、米インテルの先行きに暗雲が漂い始めている。主力の半導体は競合するエヌビディアなどとの競争が激化。量産分野でも微細化競争で後れをとっているとされ、株価はさえない。「半導体の盟主」の浮沈は日本企業への影響も大きく、関係者は固唾をのんで見守っている。

「インテルが抱える製造面での課題は大半の人が考えるよりも深刻になり得る」。ゴールドマン・サックス証券は8月、インテル株に売りを推奨し始めた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

決算ダッシュボード

電子版トップマーケットトップ

記者の目 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム