2018年12月17日(月)

連結納税、ミス修正の事務負担軽く 政府税調で検討へ

経済
2018/10/12 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

財務省は企業グループを一体とみなして法人税を計算する連結納税制度について、企業の事務負担の軽減をめざす。制度を使えばグループ内の利益から損失を差し引いて課税所得を圧縮できる半面、1つの子会社の税務申告に間違いがあるだけでグループ全社の集計作業がやり直しになる。企業にとって大きな負担のため、ミスした企業の修正だけで済むような制度の見直しを検討する。

政府税制調査会(首相の諮問機関)で近く連結納税制…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報