2018年10月16日(火)

10/16 7:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米国株、ダウ反落し89ドル安 ハイテク株が軒並み下落 ナスダックも反落
  2. 2位: 投信販売、大手銀も「脱手数料」 三菱UFJ銀など[有料会員限定]
  3. 3位: 消費増税、「キャッシュレス決済」銘柄に市場が注目[有料会員限定]
  4. 4位: オリエンタルランド、注目高まる次の値上げ[有料会員限定]
  5. 5位: ハウスドゥ、「ケフィア破産」でつまずいた成長株[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,271.30 -423.36
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,190 -460

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

岡崎良介の点と線[映像あり]

10月15日(月)14:18

官房長官 フェイスブックの情報流出「日本人も可能性」[映像あり]

経産省が小規模太陽光の規制強化 FIT認定取り消しも

10月15日(月)13:03

[PR]

業績ニュース

ファストリ、18年8月期純利益 2期連続で過去最高

2018/10/11 20:30
保存
共有
印刷
その他

ファーストリテイリングが11日発表した2018年8月期の連結決算(国際会計基準)は純利益が前の期比30%増の1548億円と、2期連続で過去最高を更新した。中国や東南アジアで衣料品店「ユニクロ」を積極的に出店し、海外の収益が大きく伸びた。冬・夏物とも好調だった国内の伸びを上回り、ユニクロ事業の海外売上高は通年で初めて国内を上回った。

売上高にあたる売上収益は14%増の2兆1300億円と初めて2兆円の大台に乗った。営業利益は34%増の2362億円だった。

海外ユニクロ事業の売上高は27%増の8963億円。海外売り上げの約5割を占める中国は27%の増収だった。中国では店舗数を633店と78店増やし、各地の気候にあった品ぞろえが好評だった。電子商取引(EC)も伸びた。東南アジアではフィリピンやインドネシアが好調だった。

国内のユニクロ事業は売上高が7%増の8647億円だった。店舗は4店減り827店となったが、冬場に「ヒートテック」やダウン製品を、夏場は猛暑を背景に機能性素材の「エアリズム」などを伸ばして既存店売上高は6%増えた。ECでの売り上げは29%増となり国内ユニクロ事業の7%を占めた。

一方、カジュアル衣料品店「GU(ジーユー)」の事業は、値引き販売が響き営業減益だった。グローバルブランド事業の一部では減損損失を計上した。

19年8月期は売上高を前期比8%増の2兆3000億円、純利益を7%増の1650億円と見込む。3期連続の最高益を目指す。海外の営業利益が大きく増え、国内を上回る見通し。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム