2018年12月15日(土)

豊洲の自治会長「一段とにぎわう街に」 発展願う

さよなら築地市場
2018/10/11 18:01
保存
共有
印刷
その他

豊洲市場の開場前日の10日、豊洲で生まれ育った地元自治会「豊洲町会」の会長、小安勤さん(71)は関係者が出入りする市場を見つめ、「やっとここまできた」と移転決定からこれまでの年月に思いをはせた。「苦労したけど、完成した市場を実際に見て住民の皆さんも立派な施設だと感動していた」

豊洲の街を語る「豊洲町会」の小安会長(東京都江東区)

地下水など安全性への懸念から市場移転が延期されて約2年。「住民の子供が区外の塾に行けば『汚染の街から来た』といじめられたこともあった」と明かす。「(地下水は)市場の一部なのに、街全体に汚染のイメージが付いてしまって腹が立った」と振り返る。

小安さんにとって十数年前まで「造船の街」だった豊洲の変化は劇的だ。父は飲食店を営み、工場で働く人たちに朝昼は弁当を売り、夜は居酒屋として愛された。幼い頃の思い出を「昼は自転車で東雲まで釣りに行って遊んだ。夜寝るときは(階下の居酒屋で)おじさんたちが騒がしくて寝られなかった」と懐かしそうに語る。

豊洲は今、建設途中の施設や高層マンションが数多く立ち並ぶ。「こんなにきれいな街並みになるなんて昔からは想像もできなかった」といい、「今もまだ発展途上。ついに豊洲市場が開場して、2020年に東京五輪が開催されれば一段とにぎわう」とさらなる発展を願っている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報