2018年10月20日(土)

10/20 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 中国に振り回される日本株 決算にらみリスク見極め[有料会員限定]
  2. 2位: 新リース基準で負債急増 取引残高、116社で6.6兆円[有料会員限定]
  3. 3位: ギフト田川社長「横浜家系ラーメンでシェア4割」[有料会員限定]
  4. 4位: 東証大引け 続落、リスク回避の売り 上海株持ち直しで下げ渋る
  5. 5位: 三菱ケミHD、「脱プラ」ストローが吹き消すイメージ[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,532.08 -126.08
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,530 -60

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

10月19日(金)14:18

中国の7〜9月期GDP6.5%成長 2期連続で減速[映像あり]

9月の工業生産高↑5.8% 小売売上高↑9.2%

10月19日(金)13:05

[PR]

業績ニュース

セブン&アイとユニファミマ、3~8月期純利益増加

企業決算
2018/10/11 20:30
保存
共有
印刷
その他

コンビニエンスストア大手3社が11日、そろって2018年3~8月期連結決算を発表した。最終的なもうけを示す純利益は2社が前年同期に比べ増えた。セブン&アイ・ホールディングスは海外のコンビニが貢献。ユニー・ファミリーマートホールディングスは店舗のリニューアル効果が表れた。ローソンは新型レジや銀行業などの費用が膨らみ減益だった。

セブン&アイの純利益は13%増の1013億円と、3~8月期としては2年連続で過去最高となった。本業のもうけを示す営業利益は3%増の1996億円だった。

海外コンビニ事業は営業利益が8%伸び、全体の2割を稼いだ。1月に米国でコンビニチェーンから約1030店を新たにグループに取り込み、食品やガソリンの売れ行きも良かった。利益の6割を占める国内コンビニは2%の営業減益。人手不足に悩む加盟店を支援するため、経営指導料を減らした影響が出た。

ユニファミマの純利益(国際会計基準)は36%増の303億円だった。コンビニの「サークルK」や「サンクス」をファミリーマートに衣替えして総菜や弁当の販売が伸びた。総合スーパー、ユニーの香港事業を売却したことも利益を押し上げた。

ローソンの純利益は179億円と24%減った。自動釣り銭機能などが付いた新型レジを全店に導入するため、費用が先行した。15日にサービスを始める「ローソン銀行」の準備費用もかさんだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム