公明代表、中国共産党幹部と面会 与党交流促進を確認

2018/10/11 18:00
保存
共有
印刷
その他

公明党の山口那津男代表は11日、中国共産党で党外交を担う中央対外連絡部の宋濤部長と都内で会った。日中関係の強化に向けて、与党間の交流促進を確認した。山口氏は「与党が政府を支え、国と国との関係を支え、さらに発展させていく役割を担う」と話した。2019年の習近平(シー・ジンピン)国家主席の来日に向けた環境整備に意欲を示した。

宋氏は「日中両国が自由貿易体制や多国間貿易体制を揺るぎないものとして守っていかなければならない」と指摘。中国の広域経済圏構想「一帯一路」について「ともに相談し、ともにつくる形で今後も進めていきたい」と語った。山口氏は「両国が開かれた世界をリードする役割をともに果たしていきたい」と述べた。

山口氏は9月に訪中した際も、北京で宋氏と会談した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]