/

この記事は会員限定です

「たこつぼ研究室」を壊せ 道は自分で切り開く

ニッポンの革新力

[有料会員限定]

検査機器大手シスメックスの入社2年目、博士号を持つ井上裕毅氏は研究以外にも様々な仕事に取り組む。博士というと研究者のイメージが強いが、井上氏は営業担当と打ち合わせし、業務提携先の独シーメンスとの調整役も担い、事業戦略作りにも携わる。「研究所から生まれるシーズも顧客ニーズも理解できる」と自らの強みを分析する。

「似た考えの人ばかりの研究室にいてはダメだ」。カナダのトロント大学を卒業後、大阪大学の大学院に進んだ井...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1006文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニッポンの革新力

この10年、日本はノーベル賞の受賞ラッシュだった。しかし、この先も国内が沸き上がるニュースが生まれるとは限らない。技術立国をどう再建するか。企業や大学、研究機関では過去の成功体験にとらわれない取り組みを追う。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン