2018年12月15日(土)

植物工場・AI、技術が高める食の安全
進化アグリテック(中)

経済
2018/10/12 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

欧州発の食の安全・安心の国際基準「グローバルGAP(農業生産工程管理)」の認証が日本の農業界で注目を集めている。その審査チームが7月5日、石川県中能登町を訪れた。

訪問先は電子部品商社、バイテックホールディングスが運営する植物工場だ。新規事業で始めた植物工場はここで4つ目。GAPの審査では「使っていい農薬のリストの管理」「使った農薬の記録保持」など農薬に関する多くのチェック項目がある。

その点、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報