キヤノン初のフルサイズミラーレス機(新製品・解剖)

2018/10/17 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

キヤノンの「EOS R」は同社初のフルサイズ(36.0×24.0ミリメートル)の大型CMOSセンサーを搭載した高級ミラーレス一眼カメラ。新開発のRFレンズとRFマウントによる「EOS Rシステム」を採用、コンパクトながら高画質の写真を撮れる。有効画素は3030万。映像エンジンは最新のDIGIC8を搭載した。

RFレンズは従来のEFマウントと同じ大口径(内径54ミリメートル)で、ミラーレス機ならで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]