2018年10月16日(火)

10/16 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 東証大引け 大幅反落、2カ月ぶり安値 為替条項警戒で輸出関連が下押し
  2. 2位: 消費増税、「キャッシュレス決済」銘柄に市場が注目[有料会員限定]
  3. 3位: ムニューシン発言が揺さぶる日本株、業績上振れ期待に暗雲[有料会員限定]
  4. 4位: 外為17時 円、反発 一時1カ月ぶり高値 対ユーロでも反発
  5. 5位: マネフォ、最終赤字5億円 人件費増
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,305,339億円
  • 東証2部 88,732億円
  • ジャスダック 99,226億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.26倍 --
株価収益率13.99倍14.21倍
株式益回り7.14%7.03%
配当利回り1.74% 1.80%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,271.30 -423.36
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,190 -460

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

岡崎良介の点と線[映像あり]

10月15日(月)14:18

官房長官 フェイスブックの情報流出「日本人も可能性」[映像あり]

経産省が小規模太陽光の規制強化 FIT認定取り消しも

10月15日(月)13:03

[PR]

マーケットニュース

フォローする

日本証券クリアリング機構、緊急取引証拠金を発動

2018/10/11 15:47
保存
共有
印刷
その他

日本証券クリアリング機構は11日、日経平均株価と東証株価指数(TOPIX)を対象とした先物取引とオプション取引ついて、「緊急取引証拠金」を発動した。証券会社に証拠金の納付を追加で求める。

11日の株価急落を受けて発動した。証券会社は当日の午後4時までに自社のポジションに応じて追加で証拠金を差し入れる必要がある。指数先物取引で発動したのは2月初旬の株価急落「VIXショック」以来。2015年8月の中国株の下落(チャイナ・ショック)を受けた株安局面でも発動された。

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム