2018年10月16日(火)

右脳いかす「デザイン経営」  本社コメンテーター 中山淳史

中山 淳史
Deep Insight
本社コメンテーター
2018/10/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ホンダとゼネラル・モーターズ(GM)、トヨタ自動車とソフトバンクグループが提携するなど、技術革新の波を実感させる業界再編が自動車産業に増えた。

世界のトップ3のうち、日本は2社(仏ルノーと連合を組む日産自動車とトヨタ)を擁する。技術はなお世界一の水準にあるのは確かだが、株式市場の評価ははかばかしくない。純資産と株式時価総額を比べたPBR(株価純資産倍率)はトヨタが「解散価値」の1倍すれすれ、日産…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

中山 淳史

本社コメンテーター

産業・企業経営

自動車、電機など産業動向、経営トレンドに精通。編集委員、論説委員などを経て2017年2月より現職。「GEと東芝」「移動の未来」などで講演多数。2001年の米同時テロをニューヨーク駐在時に取材。アルゼンチン留学も。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報