/

日経平均急落、一時1000円超安

11日午後の東京株式市場で日経平均株価は一時、下げ幅を1000円超に広げた。2万2400円台後半と取引時間中では9月11日以来の安値を付けた。中国・上海株が下げ幅を広げ、日経平均先物に一段と売りが膨らんだ。

一時1000円超下げ、2万2500円台で推移する日経平均株価(11日午後、東京都中央区)

市場では「前日は午前の下げが限定されていたにもかかわらず日銀が上場投資信託(ETF)買いを入れた。日銀の対応が柔軟になっており、(普段以上に購入額を増やすかどうかという点に)注目している」(岡三証券の小川佳紀日本株式戦略グループ長)との声が聞かれた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン