2018年12月14日(金)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,100,835億円
  • 東証2部 79,593億円
  • ジャスダック 91,592億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率13.53倍13.64倍
株式益回り7.38%7.32%
配当利回り1.81% 1.89%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,816.19 +213.44
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,850 +190

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

平野憲一の投資道場[映像あり]

12月13日(木)14:18

景気拡大が「いざなぎ超え」判定 戦後2番目の長さ[映像あり]

防衛大綱 陸海空統合で新領域対応 与党に提示

12月13日(木)13:02

[PR]

スクランブル・フラッシュ

フォローする

株、一時1000円安 米金利上昇が招く楽観修正
証券部 大西康平

2018/10/11 12:33 (2018/10/11 13:37更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

11日午前の東京株式市場で日経平均株価は急落した。前日比914円94銭安の2万2591円で午前の取引を終えた。米国株式相場の急落を受けた売りが膨らんだ。米株が下げた発端は米長期金利の上昇。同じきっかけで世界的な株安となった2月の「VIXショック」も頭をよぎる。午後に入り下げ幅が1000円を超える場面もあり、上昇局面が続いた日本株は楽観の修正を迫られている。

11日午前は寄りつきから5分経過しても…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

相場と投資を読み解く

NY市場の動き

11日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

電子版トップマーケットトップ

スクランブル・フラッシュ 一覧

フォローする

読まれたコラム