/

グンゼ、再生医療に本格参入 軟骨再生促すシート

グンゼは再生医療に本格参入する。繊維加工などで培った技術を生かし、軟骨の再生を促すシート「CHONDROVEIL(コンドロベール)」を開発した。すり減ったり、かけたりした軟骨にシートを貼って使う。今秋から欧州で販売を始め、日本や中国などでの販売も検討する。

手術で軟骨に穴をあけ、シートを損傷部分に貼る。しみ出す骨髄液がシートに吸着し軟骨再生の足場になる。これまで一度損傷した軟骨は再生しないとされ、別部位から手術で軟骨組織を取り出し、培養して移植する必要があった。

シートを使えば別の部位の軟骨組織を取り出す必要がないほか、約4週間かかる培養も不要。治療期間を短縮できる。価格は3センチ×3センチのシートで約10万円。医療機関への販売を予定する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン