暗黒物質の謎に挑む カナリア諸島に最新望遠鏡の1号機

2018/10/11 11:34
保存
共有
印刷
その他

宇宙から飛来する光の一種「ガンマ線」を観測する日本や欧州などの共同チームによる最新鋭の望遠鏡「チェレンコフ・テレスコープ・アレイ(CTA)」の1号機が、大西洋のスペイン領カナリア諸島のラパルマ島に完成した。

完成した口径23メートルのガンマ線望遠鏡(東京大学宇宙線研究所提供)

ガンマ線望遠鏡の完成式典に臨む梶田・東大宇宙線研究所長(左から2人目、同研究所提供、撮影は名古屋大学の奥村暁氏)

今後、ラパルマ島の標高2000メートルを超える高地や南米チリ北部の高地パラナルなどに100機超のガンマ線望遠鏡を整備する計画。ガンマ線で輝いている天体の観測が飛躍的に進むとともに、宇宙の暗黒物質(ダークマター)などの謎の解明が期待される。

日本時間の10日深夜、記念式典が開かれ、2015年にノーベル物理学賞を受けた梶田隆章・東京大学宇宙線研究所長も出席。新望遠鏡の意義について「宇宙の神秘を解き明かすことにつながる」と述べた。

完成した望遠鏡は口径23メートルで世界最大。ガンマ線は大気に吸収されるので地上では直接観測できないが、特に波長が短いものは大気と反応して「チェレンコフ光」と呼ぶ青白い光を出す。このチェレンコフ光を望遠鏡で観測する。

計画の望遠鏡群が稼働すれば、宇宙の約3割を占める暗黒物質(ダークマター)やブラックホールの謎の解明も期待されている。特に暗黒物質の正体に迫ることができれば、ノーベル賞級の成果となる。

CTA1号機は日本主導で建設。計画には東京大や京都大、名古屋大などから約130人の研究者や大学院生が加わり、望遠鏡の中核部品となる光センサーは浜松ホトニクスが製造するなど日本のメーカーも協力している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]