2018年10月18日(木)

フィリピン大統領、財閥との対決姿勢に変化

東南アジア
アジアBiz
2018/10/11 20:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

フィリピンのドゥテルテ大統領が、財閥に対する姿勢を変えている。以前は経営トップを名指しし、財閥による経済支配を打破すると息巻いていたが、最近は財閥批判を口にすることはなくなった。財閥を取り込んだ自信なのか、その経済力を取り込むための懐柔なのか。

「通信市場には問題がある。2つの大企業が市場を寡占しているようだ」。ドゥテルテ大統領は9月の記者会見でPLDTとグローブ・テレコムの財閥系2社が通信市場…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報