2018年12月14日(金)

インドネシア・ジャワ島東部沖でM6地震 3人死亡

東南アジア
2018/10/11 9:53
保存
共有
印刷
その他

【ヌサドゥア(バリ島)=鈴木淳】米地質調査所によると、11日午前1時44分(日本時間午前3時44分)ごろ、インドネシア・ジャワ島東部沖を震源とするマグニチュード(M)6.0の地震があった。インドネシア国家災害対策庁によると、3人が死亡した。

同庁などによると、この地震で津波の発生はなかった。震源に近い東ジャワ州では住宅の壁などが崩れる被害があり、死傷者が出ている。

東隣のバリ島でも30秒超の長い揺れを観測。バリ島では11日から、20カ国・地域(G20)の財務相・中央銀行総裁会議のほか、国際通貨基金(IMF)と世界銀行の年次総会が開かれるため、各国の代表団などが多数集まっていた。

インドネシアでは地震による被害が相次いでいる。7月末と8月にはバリ島の東隣の観光地ロンボク島で大きな地震があり550人超が死亡。9月末にはスラウェシ島中部で地震と津波が発生して2000人以上が死亡し、行方不明者も5000人以上に上るとみられている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報