/

感染イノシシ計20頭に 岐阜の豚コレラ

岐阜県は10日、豚コレラが発生した岐阜市の養豚場から約7.8キロ北西の同市内で捕獲した野生のイノシシが、豚コレラに感染していたと発表した。感染を確認したイノシシは計20頭となった。20頭は全て養豚場から10キロ圏内で発見され、15頭は岐阜市内、5頭が同県各務原市内だった。

県によると、20頭目は体長約1メートルの雌で、市猟友会が9日、山中でわなにかかっているのを見つけ、県に連絡した。10日の県の遺伝子検査で陽性だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン