2018年10月21日(日)

10/21 18:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 始動する臨海部経済圏 「NEO TOKYO」こんな街に[有料会員限定]
  2. 2位: 世界最大の資産運用会社が企業に求める「理念」[有料会員限定]
  3. 3位: 一段の新興国通貨安、市場が警戒 利上げ判断が焦点[有料会員限定]
  4. 4位: 中国に振り回される日本株 決算にらみリスク見極め[有料会員限定]
  5. 5位: 下げ相場では早逃げ、青木貞吉氏
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,374,859億円
  • 東証2部 90,110億円
  • ジャスダック 100,308億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.28倍 --
株価収益率14.15倍14.39倍
株式益回り7.06%6.94%
配当利回り1.73% 1.79%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,532.08 -126.08
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,530 -60

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

10月19日(金)14:18

中国の7〜9月期GDP6.5%成長 2期連続で減速[映像あり]

9月の工業生産高↑5.8% 小売売上高↑9.2%

10月19日(金)13:05

[PR]

国内株概況

日経平均、一時1000円超下げ アジアも全面安

2018/10/11 9:11 (2018/10/11 13:42更新)
保存
共有
印刷
その他

11日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反落した。取引時間中として約1カ月ぶりに2万3000円を下回った。下げ幅は一時、今年2月6日(1071円)以来の大きさとなった。

午後1時時点の日経平均は前日比969円86銭(4.13%)安の2万2536円18銭。東証1部の9割超が下落する全面安の展開だった。

一時1000円超下げ、2万2500円台で推移する日経平均株価(11日午後、東京都中央区)

一時1000円超下げ、2万2500円台で推移する日経平均株価(11日午後、東京都中央区)

特に株価下落が目立ったのがハイテク関連銘柄だ。米国市場では、金利の上昇で割高感が意識されやすいハイテク株が売られ、アマゾン・ドット・コムやアップルなどの主力銘柄が軒並み下落。ハイテク株の比重が大きいナスダック総合株価指数は、前日比4.08%安と2016年6月以来の下落率となった。

これを受け東京市場でも海外投資家などの売りが膨らんだ。ファナックが一時8%安、安川電機も7%安となり、ともに年初来安値を更新した。

他のアジア市場にも下落は波及した。中国の上海総合指数は一時5%安と、15年の「チャイナショック」後の安値を下回り、約4年ぶりの安値をつけた。サムスン電子などハイテク株比率の高い韓国株も一時4%安となった。アジアの主要企業で構成する日経アジア300指数は一時、年初来安値を下回った。

東京市場では「行き過ぎた楽観の修正が起きた」(ニッセイアセットマネジメントの松波俊哉氏)との指摘があった。これまで投資家の目は、米国経済の好調さや企業収益の良好さに向いていた。だが、国際通貨基金(IMF)が米国発の貿易戦争を理由に世界経済見通しを下方修正したことなどを受け、「貿易問題は解決していない」との懸念が再び台頭した。

もっとも、日本株の下落は行き過ぎとの見方も出ている。日米ともに企業収益の見通しが堅調なことに加え、株価指標面で見れば日本株には割高感が小さい。「2万2500円を下回る水準では押し目買いも入りそうだ」(国内運用会社)との声も聞かれた。

保存
共有
印刷
その他

相場と投資を読み解く

NY市場の動き

11日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

決算ダッシュボード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム