2019年5月22日(水)

カカクコム、シンガポールのスタートアップに出資

2018/10/11 0:46
保存
共有
印刷
その他

飲食店情報サイト「食べログ」などを運営するカカクコムは10日、客が自分で注文するシステムを飲食店向けに提供するスタートアップ、タブスクエア(シンガポール)に出資したと発表した。出資比率は公開していない。シンガポールなどタブスクエアが展開する国の飲食に関するデータやアジアの飲食業界に関する知見を獲得する。

10日付でタブスクエアを持ち分法適用会社とした。同社は人工知能(AI)などを使い、飲食店で客が自分で注文するシステムを展開する。外食の比率が高いシンガポールでは人件費高騰や待ち時間の長時間化、多言語への対応といった課題を解決するため、2012年に設立した。シンガポールで事業を拡大しており、東南アジア諸国への展開も見込む。

カカクコムは東南アジアへの戦略出資を強化しており、タブスクエアへの出資で3社目。今回の出資により、シンガポールや、タブスクエアが今後展開する国の消費者の飲食データを取得する。また、アジアに特有の飲食業界に関する知見を吸収し、食べログなど自社のサービスにも生かす。今後、食べログとタブスクエアの連携も検討している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報