2018年10月22日(月)

アルミ国際価格は上値重く 供給減懸念薄らぐ

2018/10/10 20:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アルミ地金の取引で世界的な基準となるロンドン金属取引所(LME)の先物は上値の重い展開が続く。指標の3カ月先物は6月後半以降、1トン2000~2200ドル台で推移。中国の需要減懸念が強いほか、供給減観測が薄らいでいる。

米国は4月、アルミの世界生産量の約1割を占めるロシア大手ルサールを経済制裁の対象に指定。アルミは一時2500ドル台に高騰した。だが米国は欧州諸国(EU)への配慮などから対応…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報