/

西郷隆盛の漢詩草稿発見 何度も推敲「貴重な史料」

西郷隆盛が明治2~3(1869~70)年ごろ書いた漢詩の草稿が、新たに見つかったことが10日、分かった。西郷の草稿が見つかるのは珍しく、朱筆で添削した跡があったという。専門家は「西郷が思案して詩を作ったことが感じられる貴重な史料」と話している。

京都市上京区の古美術収集家、鳥井光広さん(40)が7月、神奈川県鎌倉市の骨董品店がインターネットに出品しているのを見つけ、入手した。3首の漢詩が書かれた帳面を切り取り、掛け軸にしたもので、保管されていた箱には、西郷の孫で政治家の吉之助の署名、押印がある。

西郷が流刑地での日々を回想し、「世間の褒めそしりはちりのようで大きな意味はない」という思いを詠んだ「世上毀誉軽似塵」で始まる有名な漢詩も含まれる。

草稿を鑑定した霊山歴史館(京都市東山区)の木村幸比古副館長によると、書式や紙質が似た別の漢詩の草稿が鹿児島県歴史資料センター黎明館にある。「思いつきでなく、推敲(すいこう)を重ねて書いていることが分かった。自身の精神を伝えたいという強い意志や、学問に真摯に臨む態度が見てとれる珍しい史料だ」と評価している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン