/

この記事は会員限定です

サイバー対策 自動で監視、AI活用で省力化

システム開発のインテック、価格抑え中小開拓

[有料会員限定]

TISインテックグループでシステム開発大手のインテック(富山市)は、2019年9月までにAI(人工知能)を活用したセキュリティー機器の24時間365日監視・通報サービスを始める。自動分析エンジンを使うことで監視作業を省力化。価格を抑えて大手企業より社内ネットワークの安全対策が遅れている中小企業の需要を開拓する。人手不足の解消にもつなげ、21年3月期に10億円の売り上げを目指す。

同社では現在、外...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1061文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン