孫悟飯VSセル、スニーカー決戦 アディダスジャパン

2018/10/10 17:33
保存
共有
印刷
その他

アディダスジャパン(東京・港)は人気アニメ「ドラゴンボールZ」とコラボレーションしたスニーカーの第2弾を27日に発売する。主人公の息子「孫悟飯」とその宿敵「セル」をイメージした2モデルを用意した。同社は名バトルに焦点を当てたシリーズを展開している。ファンの収集意欲を喚起する狙いだ。

「孫悟飯」と「セル」をイメージしたスニーカーを展開する

孫悟飯モデル「ディーラプトランナーDB」は戦闘服の紫色が基調だ。悟飯の師匠「ピッコロ大魔王」の紋章「魔」をスニーカーの背面に描いた。

もう一つの「プロフィアDB」は緑色をベースに、「セル」の羽の色の紫色を加えた。足の甲と接する靴のベロ部分に「セル」の名前を記した。

全国のアディダスショップでは税別1万8000円で販売する。サイズは23.5~31センチメートルまで用意した。第1弾では主人公「孫悟空」と悪役「フリーザ」をイメージした靴を販売した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]