/

この記事は会員限定です

電波割当先、分単位で自動変更 5Gにらみ総務省

【イブニングスクープ】

[有料会員限定]

総務省は同じ周波数帯の電波を複数の事業者が相乗りで使える手法を開発する。無線の状態をリアルタイムで管理し、空きに応じて数分単位で切り替えるなど柔軟に電波を割り当てる。2020年代には超高速の次世代通信方式「5G」が普及し、電波の逼迫が予想される。新方式が普及すれば電波を使える企業が増え、消費者も通信がつながりやすくなるメリットが見込める。

電波は携帯電話や無線LAN、衛星通信などの事業に欠かせな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り582文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン