10年目の新潟版CO2排出取引 利用企業190超す

2018/10/11 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

森林整備による二酸化炭素(CO2)の排出削減量を、企業が買い取る「新潟県版カーボン・オフセット制度」の利用が広がっている。同制度は2009年に導入され、10年目の今年までに排出削減量を購入した企業が190社を超えた。制度を利用する企業は、地球温暖化防止の姿勢をPRすることで企業価値を高める狙いがある。

県版カーボン・オフセット制度は、県内の5つの森林整備プロジェクトによるCO2の排出削減量を県農…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]