/

統合司令部の創設を 防衛大綱見直しで提言

シンクタンクの日本国際問題研究所(佐々江賢一郎理事長)は10日、政府が年末に見直す防衛大綱に向けた提言を発表した。陸海空の従来の領域に加え、宇宙、サイバー分野、電磁波を扱う電子戦も含めて統合した作戦を展開する「マルチドメインバトル構想」の導入を提唱。陸海空3自衛隊の運用を一元的に担う常設の「統合部隊司令部」の必要性を訴えた。

現状、自衛隊トップの統合幕僚長は首相や防衛相を補佐する役割が大きい。新司令部の創設は米軍との意思疎通や部隊運用に特化した組織が新たに必要との問題意識から盛り込んだ。このほか、弾道ミサイルなどの発射前に敵の拠点を攻撃する敵基地攻撃能力の保有も求めた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン