2018年11月15日(木)

米IT界の巨人が医療スタートアップに巨額投資

CBインサイツ
米巨大ITへの逆風
スタートアップ
ヘルスケア
コラム(テクノロジー)
(1/2ページ)
2018/10/15 2:00
保存
共有
印刷
その他

 米国のスタートアップ投資で脚光を浴び始めているのが医療分野だ。バイオ関連から保険、遠隔医療と幅が広い。医療の先端技術を巡って急速にIT(情報技術)化が進んでいることが背景にある。「医」に流れる巨額のマネーの出どころを探れば、IT業界でおなじみの面々が現れる。グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コムのいわゆる「GAFA」を筆頭とするテックジャイアントたちだ。投資を通じてスマートフォン(スマホ)の次を担う事業の種を探る布石を着々と打っているのだ。

米IT企業は医療業界に狙いを定めている。医療は患者に提供した診療に基づいて報酬を計算する「出来高払い」から、患者の価値基準に基づいた治療へとシフトしつつある。医療保険や電子カルテ、遠隔医療、バイオテクノロジーなどの分野では企業価値が10億ドルを超える「ユニコーン」が続々と誕生している。ここ数年はIT大手がこぞって参入し、社内での研究開発や未上場企業への投資に力を入れている。

日本経済新聞社は、スタートアップ企業やそれに投資するベンチャーキャピタルなどの動向を調査・分析する米CBインサイツ(ニューヨーク)と業務提携しています。同社の発行するスタートアップ企業やテクノロジーに関するリポートを日本語に翻訳し、日経電子版に週1回掲載しています。

例えばアマゾンは最近、処方薬のインターネット販売を手掛ける米PillPack(ピルパック)を買収して医薬品販売に参入した。米グーグルはオンラインで医療保険を提供する米Oscar Heatlh(オスカーヘルス)に3億7500万ドルを投じ、出資比率を10%に高めた。

CBインサイツは9月16日時点の時価総額に基づきIT企業トップ10のリストを作成。各社による医療分野の未公開企業への投資活動について分析した。

トップ10に入ったのは次の企業と傘下のベンチャーキャピタル(VC)だ(AT&Tやコムキャストなどの通信会社は医療業界への投資が非常に少ないため、リストから除外した)。

1. アップル
2. アルファベット(グーグルの親会社)
3. マイクロソフト
4. アマゾン
5. フェイスブック
6. ゼネラル・エレクトリック(GE)
7. オラクル
8. インテル
9. シスコシステムズ
10. IBM

米IT大手10社による2012年以降の医療業界への投資件数は209件に上り、25社の買収に計47億ドルが費やされた。

18年の投資件数は27件と、すでに14年通年に並んでいる。このペースを維持すれば18年通年では41件となり、過去最高を記録した17年の45件に迫る。

医療スタートアップ企業への投資が最も盛んなのはグーグルとゼネラル・エレクトリック(GE)だ。GEは6月にヘルスケア事業を売却する方針を明らかにしたが、傘下の投資部門GEベンチャーズを通じてこの分野への投資を続けている。

大型資金調達には、グーグルが親会社アルファベット傘下の投資部門CapitalG(キャピタルG)とVerily Life Sciences(ベリリーライフサイエンシズ)を通じて参加したオスカーヘルスのシリーズDラウンド(調達額1億6500万ドル)や、アルファベットによるオスカーヘルスへの出資(3億7500万ドル)、GEベンチャーズが参加した地域包括ケアを提供する米Iora Health(アイオラヘルス)のシリーズEラウンド(1億ドル)などが挙げられる。

米IT大手の医療業界への投資件数(12年~18年9月6日)

米IT大手の医療業界への投資件数(12年~18年9月6日)

このヒートマップで示した通り、IT大手が最近注目しているのはバイオテクノロジー部門だ。この部門への投資36件のうち、23件が16年10~12月期以降に集中している。一方、医療ネット通販への関心は薄く、15年以降は新規投資が1件もない。

部門別のIT大手の投資件数(12年~18年9月6日)

部門別のIT大手の投資件数(12年~18年9月6日)

医療機器・設備への投資は最近減少しており、今年はまだゼロだ。GEが18年6月にヘルスケア部門の売却を発表したのも減少の一因に挙げられる。12年以降の医療機器部門への投資37件のうち、同社が参加した案件は21件に及ぶ。

  • 1
  • 2
  • 次へ

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報