2018年12月13日(木)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,100,835億円
  • 東証2部 79,593億円
  • ジャスダック 91,592億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率13.53倍13.64倍
株式益回り7.38%7.32%
配当利回り1.81% 1.89%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,816.19 +213.44
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,850 +190

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

平野憲一の投資道場[映像あり]

12月13日(木)14:18

景気拡大が「いざなぎ超え」判定 戦後2番目の長さ[映像あり]

防衛大綱 陸海空統合で新領域対応 与党に提示

12月13日(木)13:02

[PR]

スクランブル

フォローする

金利急変、適温どこに 戸惑う資金と弱気の声

2018/10/10 18:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国の長期金利上昇に投資マネーが戸惑っている。世界では新興国が資金流出に身構え、国内では銘柄選択の指標が変わった。低金利と株高が共存する「適温相場」は終わりつつあり、金利上昇を前提とした相場に適応を急ぐ。しかし、落ち着きどころはまだ見つからず、市場では先行きに弱気な声も増えている。

米中貿易摩擦の影響を受けにくくアジアで勝ち組とされたインドが、株式市場の混乱に直面している。8月下旬まで年初来で1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム