2018年12月19日(水)

LINE、対話アプリ上でスマホ決済

ネット・IT
フィンテック
2018/10/10 15:58
保存
共有
印刷
その他

LINEは対話アプリの企業のアカウント上でスマートフォン(スマホ)決済「LINEペイ」を使えるようにした。チャットボット(自動対話システム)による問い合わせ対応からサービスの紹介、決済などを同一のスレッドででき、ユーザーは対話アプリと決済用のサイトを行き来する必要がなくなる。ユーザーの利便性を高めるとともに、企業の収益機会を広げる。

第1弾として、飲食店検索アプリのブライトテーブル(東京・渋谷)が、同社のアカウント「ペコッターのはらぺこ君」に導入した。はらぺこ君では利用者から飲食店の予約の依頼を受けると、同社が電話予約を代行している。240円支払うと他のユーザーよりも優先して予約してもらえる機能を加えた。

LINEペイは銀行口座からスマホにチャージ(入金)した残高から代金が支払われる仕組みで、実店舗ではQRコードを使った決済方式が主流だ。対話アプリでもLINEペイを使える機会を作り普及を図る。福岡市では、粗大ゴミの収集を申し込めるアカウント上で、ゴミ収集のシールを購入できるサービスも検討している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報