2018年10月18日(木)

仮想通貨型の不動産ファンドが始動
流動性を確保、ニューヨークの物件に投資

北米
2018/10/10 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国で仮想通貨型の証券をベースにした不動産ファンドの発行が始まった。機関投資家や富裕な個人投資家を対象にした初のファンドだ。ニューヨークの商業不動産に投資して家賃収入や物件売却益を得るこの不動産ファンドの持ち分を投資家は仮想通貨で受け取り、その持ち分を仮想通貨取引施設を利用して日々売買できるのが特徴。仮想通貨を利用することで流動性を高めることがこのファンドの売りで、内外の投資家から注目を集めてい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報