/

この記事は会員限定です

自社株使うM&Aしやすく 資金ない新興企業に追い風

[有料会員限定]

7月に施行された改正産業競争力強化法で自社株を使ったM&A(合併・買収)の優遇措置が導入された。一定の要件を満たした場合、税制や会社法の特例対象となり、TOB(株式公開買い付け)などがやりやすくなる。資本政策の幅は広がるが、煩雑な手続きが活用の壁になるおそれもある。(菊池貴之、丸山大介)

改正産業競争力強化法は政府が「特別事業再編計画」と認定した企業の再編案件について、自社株を対価としてほかの会社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1516文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン