/

この記事は会員限定です

日立物流、国際貨物で同業と提携 対中輸送を強化

エーアイテイーを持ち分法適用に

[有料会員限定]

日立物流は東証1部上場で中堅物流のエーアイテイー(AIT)と資本・業務提携する方針を固めた。AITに2割程度出資して日立物流の持ち分法適用会社とする見込み。AITは中国などとの間の国際貨物輸送に強みを持つ。日立物流は主力の倉庫運営受託などに加え提携を通じて国際輸送を補強し、物流全般をまるごと請け負う体制を整える。

10日午後にも発表する。AITは主に海上コンテナ貨物輸送で荷主と船会社の間を仲介し、通関手続きなども手掛け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り331文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン